Japanese Edition: 3Dプリンターで24時間以内に住宅建設。しかもリサイクル材料を用いたエコ建築。

3d printed house in china

by: [Hideyuki Yamamoto] based on this feature.

3Dプリンターメーカーが小さくて精度が高いプリンターを開発するのに躍起になっている中でShanghai WinSun Decoration Design Engineering Companyという中国にある会社がオリンピックプールの半分程度の大きさの巨大な3Dプリンターで実験を重ねているとBBCなどは報じている。

http://3dprinterplans.info/3d-printer-plans-news-round-up-for-wednesday-16042014/

縦32m、横10m、高さ6.6mものマンモスプリンターで400m2の平屋一戸建て住宅がプリント出来る。FDM技術によりセメントと建築廃材混合の壁が作られ、その会社によると一軒あたり5000ドル以下で建てられ、1日あたりなんと10戸の製作が可能とのこと。

そのプリンターは数年前に設計され、WinSunが海外から部品を調達し、蘇州工場で組み立てられた。
この会社は街全体の家をプリントする計画を立てており、リサイクル施設を建設するための部材を集めているという。この家は、まずは青島にて販売される予定だ。

FDM技術を使えば軽量で耐久性のある家がプリント可能になる。この手法は間違いなくオランダのKamerMaker社による建築よりも早いであろう。耐久性や安全性に関してはまだまだ改善の余地があると思われるが、安くて短期間に家が建つ可能性が拡がる話題である。

[Read more...]

3D Printing Homes in Less Than 24 Hours Using Recycled Materials

3d printed house in china

While many 3D printer companies are racing towards smaller and smaller accurate printers, a company in China called the Shanghai WinSun Decoration Design Engineering Company is experimenting with a monstrous 3D printer the size of half of an Olympic sized swimming pool.

The mammoth of a printer measures 32m by 10m by 6.6m and can print 200sqf detached single story homes. The printer uses FDM technology and deposits a mixture of cement and construction waste to build the walls. According to the company, it can cost less than $5000 a house, and the printer can spit out 10 houses a day!

The printer was designed a few years ago, and WinSun purchased the parts for it from overseas, and then had it assembled in a factory in Suzhou. They plan to print an entire villa of these homes, and to start building recycling facilities in China to collect material for use in the printer. The first home for sale will be located in Qingdao.

[Read more...]